米中高官、経済や貿易巡り協議 制裁関税撤廃に「強い関心」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中国の劉鶴副首相、イエレン米財務長官(いずれもロイター=共同)
中国の劉鶴副首相、イエレン米財務長官(いずれもロイター=共同)

 【北京共同】中国の劉鶴副首相は26日午前、イエレン米財務長官と経済や貿易問題を巡りオンラインで協議した。中国商務省が発表した。劉氏は米国が対中制裁関税を撤廃するかどうかに「強い関心を持っている」と伝えたという。米中は8日夜(米東部時間)に本格的な貿易協議を再開しており、相次ぐ対話で協議を続ける姿勢を明確にした形だ。

 両氏による協議は6月以来。発表によると、米中双方は世界経済の回復に向け、マクロ政策での協力強化が重要との認識で一致した。互いに「実務的で建設的な交流」をし、今後も意思疎通を維持することで合意した。