県の緊急支援金、27日から受け付け 飲食業者など対象

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県庁(資料写真)
秋田県庁(資料写真)

 秋田県は27日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている県内飲食業者と、飲食店と直接取引のある関連業者向けの「飲食店等事業継続緊急支援金」の受け付けを始める。

 支援金は1事業者当たり30万~300万円。年間の売上高など事業規模に応じて金額が決まる。支援対象は、県内に本店または主たる事業所がある中小企業者などで、個人事業主も含む。直近決算期の売り上げが、前年度または前々年度と比べて、20%以上減少していることが条件となる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 459 文字 / 残り 244 文字)

秋田の最新ニュース