昨年中止、今年は2度延期… 八郎潟「一夜市」、30日開催

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第10回となる一夜市に向け、「10」にちなんだポーズで来場を呼び掛けるプロジェクト8のメンバーら
第10回となる一夜市に向け、「10」にちなんだポーズで来場を呼び掛けるプロジェクト8のメンバーら

 秋田県八郎潟町で若者グループが主催するイベント「一夜市(いちやいち)」が30日、JR八郎潟駅前のはちパル駐車場で2年ぶりに開かれる。第10回の節目の開催。子どもたちによる願人踊(がんにんおどり)やお笑いライブ、音楽ステージ、仮装コンテストなど多彩な催しとグルメが楽しめる。

 午後3時開場。子どもたちの願人踊と秋田音頭で4時に幕を開ける。お笑いコンビ「きつね」が4時半からと6時10分からの2回、ネタを披露。5時半からは五城目町のラッパー羅漢(らかん)さんがラップ音楽で会場を盛り上げる。

 一夜市は町内の若者グループ「プロジェクト8(エイト)」(佐藤友紀代表)が2011年から毎年開催。昨年はコロナ禍を受けて実施を見送り、今年も当初予定していた7月から2度、時期をずらして開催を目指してきた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 735 文字 / 残り 389 文字)

秋田の最新ニュース