正義、真実求めたくましく… 横手南中、50周年の節目祝う

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
50周年記念式典で校歌を合唱する生徒
50周年記念式典で校歌を合唱する生徒

 秋田県横手市の横手南中学校(高橋成浩校長、521人)の創立50周年記念式典が26日、同校体育館で開かれた。生徒と教職員らが節目を祝い、伝統と歴史を未来につないでいくことを誓った。

 高橋校長が「校歌にある『真実を求めどこまでも』『たくましく生きてひたすらに』『正義の歌声高らかに』の言葉は、校訓の『雨洗風磨』とともに自立した社会人に導く羅針盤になっている。その重さを受け止め、後輩にしっかりバトンを渡さなくてはならない」と式辞を述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 483 文字 / 残り 265 文字)

秋田の最新ニュース