秋田市の飲食店、活気戻ること期待 警戒レベル引き下げ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
飲食店が立ち並ぶ秋田市大町の繁華街=27日午後7時15分ごろ
飲食店が立ち並ぶ秋田市大町の繁華街=27日午後7時15分ごろ

 新型コロナウイルスの秋田県の感染警戒レベルが「2」に引き下げられた27日、秋田市中心部の繁華街では飲食を楽しむ人の姿が見られた。各店は引き続き感染対策を取りつつ、来客が戻ることに期待を寄せた。

 この日午後6時前、同市山王の飲食店「喰い処ふく田」が開店して少しすると予約の電話が入った。店主の福田成利さん(55)は「警戒レベルが下がったのは素直にうれしい」と喜んだ。

 夏の第5波では、1週間の客が数人だけの時もあった。最近は常連を中心に少しずつ客足が戻っているが、コロナ以前の4割ほどという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 929 文字 / 残り 683 文字)

秋田の最新ニュース