ハピネッツ、主力欠き後半崩れる 「もっとタフにいかないと」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―横浜BC】第1クオーター、3Pを決める秋田の多田=CNAアリーナ
【秋田―横浜BC】第1クオーター、3Pを決める秋田の多田=CNAアリーナ

 インサイドの主力らを欠く苦しい布陣の秋田は、粘り強い守備を見せ同点で前半を折り返したが、第3クオーターで流れを失った。高さ不足のゴール下で横浜BCに主導権を握られ、前田顕蔵ヘッドコーチ(HC)は「相手が後半に仕掛けてくるのは分かっていたが、戦術を徹底できなかった」と唇をかんだ。

 前節に退場処分を受けたフォワードのデイビスが出場停止、センターのアイバーソンはけがで欠場。それでも前半はフォワードのグリンを中心にリバウンドで横浜BCに引けを取らず、ガード多田武史が3本の3Pを沈めるなど攻守で積極的なプレーを見せた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 607 文字 / 残り 349 文字)

秋田の最新ニュース