県医師会、オンライン診療実証へ 県内5地域で年内スタート

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県医師会は27日、医師がパソコンやスマートフォンを使って患者を診察する「オンライン診療」の実証事業を年内に県内5地域で始めると明らかにした。患者の利便性を高め、地域の効率的な医療提供体制の構築につなげる。

 実証事業は県の補助を受けて行う。能代山本、秋田周辺、由利本荘にかほ、横手、湯沢雄勝の各地域で、診療所にいる医師がパソコンなどを使い在宅患者を診察する。オンラインは原則として再診の際に活用し、初診は対面診療とする。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 414 文字 / 残り 202 文字)

秋田の最新ニュース