ふるさと村に直売コーナー開設 観光客に横手の農産物PR

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田ふるさと村に開設された直売コーナー
秋田ふるさと村に開設された直売コーナー

 秋田県横手市の秋田ふるさと村は観光客に地元の農産物をPRするため、期間限定の農産物直売コーナー「ふれあいあきた」を施設内に開設した。農家の販売先を確保し、売り上げ向上につなげる狙いもある。11月23日まで。

 コーナーには丹精込めて育てられた野菜や果物が並ぶ。野菜はキャベツやピーマンのほか、濃厚な甘さが特徴でヒョウタンの形をしたカボチャ「バターナッツ」、山内イモノコや赤ネギなどもある。

 果物は種なしの大粒ブドウ「シャインマスカット」や洋ナシ、リンゴの「やたか」「千秋」など。販売状況により随時商品が補充される。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 741 文字 / 残り 484 文字)

同じジャンルのニュース