地方点描:水を巡る旅[南秋田支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 鑑賞しながら作品に引き込まれ、水の世界を旅しているような気分になった。潟上市飯田川飯塚のギャラリーブルーホールで開かれている、写真家・草なぎ裕さん(39)=秋田市=の個展「水の粒子」。23日から展示作品の一部を入れ替え、12月30日までの日程で後期展が始まった。

 会場に並ぶ69点全てが水にまつわる写真。被写体は、陽光を受けてきらめく仙北市の玉川上流部や、青く澄んだ田沢湖、大仙市の市街地に降り積もる雪などで、撮影地はほとんどが県内だ。後期展では、秋田市新屋町の浜辺で今年撮影した新作11点が加わった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 660 文字 / 残り 408 文字)

秋田の最新ニュース