力作の数々鑑賞 秋田市で秋田書道展、開幕

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
一般や小中高生の力作が並ぶ秋田書道展の会場=秋田市のアトリオン
一般や小中高生の力作が並ぶ秋田書道展の会場=秋田市のアトリオン

 第84回秋田書道展(秋田魁新報社主催)が30日、秋田市中通のアトリオンで開幕した。出品者やその家族らが訪れ、力作の数々を鑑賞した。

 県内最大規模の書道展。小学生から一般までを対象にしている。会場には応募作品の中から選ばれた入賞1875点、入選433点、審査主査を務める杭迫柏樹(くいせこはくじゅ)さんら審査員による賛助作品など計2376点が並ぶ。

 両親と訪れた桜小5年の亀谷心美さん(10)は小学生半紙の部で2等を受賞。「字のバランスに気を付けて書いた。来年はさらに上位の賞に入れるよう練習したい」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 452 文字 / 残り 197 文字)