店長「叱られても何度も確認」 声掛けが特殊詐欺被害防ぐ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田中央署から感謝状を受け取った石塚店長
秋田中央署から感謝状を受け取った石塚店長

 特殊詐欺の被害を未然に防いだとして、秋田中央署は秋田市のローソン秋田泉中央三丁目店(石塚淳子店長)に感謝状を贈った。電子マネー購入の理由を明かさない70代男性客に、再三にわたって店側が確認を繰り返したのが奏功した。

 秋田中央署と店によると、男性客は10月8日正午ごろに来店。メモを見ながら電子マネーの名を挙げ、「どれだ」と店員の佐々木江里さん(37)に尋ねた。

 佐々木さんが「自分で使うのですか」と尋ねると、男性は「そうだ」と返答。違和感を覚えた佐々木さんや石塚店長が使用目的をさらに2度確認すると、男性の答えは「パソコンがウイルスに感染した。解決するために必要と言われた」と変わった。石塚店長が近くの交番に相談し、特殊詐欺と判明した。

秋田の最新ニュース