天鷺ワイン製造休止へ 施設の利活用案、由利本荘市が公募

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
天鷺ワイン城(資料写真)
天鷺ワイン城(資料写真)

 秋田県由利本荘市の第三セクター・株式会社岩城(加納広明社長)は、指定管理者として行う「天鷺ワイン」の製造を、本年度いっぱいで休止する方針を決めた。売り上げ減少に伴い赤字が続いているため。休止が決まった場合、市は製造施設「天鷺ワイン城」の利活用案を11月から年末まで公募する。応募の有無や内容に応じて今後の対応を検討する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 758 文字 / 残り 597 文字)