作品との対話楽しんで 秋田市で「あきたアート」展【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
障害のある人たちを撮影したモノクロ写真をつないだ長浜谷さんの作品
障害のある人たちを撮影したモノクロ写真をつないだ長浜谷さんの作品

 「あきたアート はだしのこころ」と題する展覧会が14日まで、秋田市千秋明徳町の市文化創造館で開かれている。障害のある人たちが手掛けた絵画や書などの画像をスクリーンに映し出しているほか、作者と交流できるスペースもある。初日の3日は多くの人が訪れ、作品との対話を楽しんでいた。

 会場は二つに分かれており、1階は公募展、2階は「感覚の対話」をテーマとし、県内アーティストが障害のある人の絵画などから着想を得て制作した作品が並んでいる。

 入場無料。午前9時~午後9時。9日は休館日。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 828 文字 / 残り 590 文字)

イベントニュース