日本酒、たるで熟成 クラウドファンディングで支援募る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
木のたるで仕込んだ熟成酒の商品イメージ
木のたるで仕込んだ熟成酒の商品イメージ

 熟成させた日本酒を主力に据える秋田県大仙市藤木の金紋秋田酒造が、木のたるを使った新たな商品づくりの費用をクラウドファンディング(CF)で募っている。日本酒の熟成への関心を高めるとともに、新商品で世界的な品評会でのチャンピオン再受賞を目指す。

 オーク、サクラ、クリのたるで仕上げた熟成日本酒を商品化する。募集は10月28日に専用サイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」でスタート。目標額100万円は既に達成したが、12月6日まで引き続き支援を募っている。支援額に応じ、新商品などを返礼として用意している。

秋田の最新ニュース