地元イチジクで南蛮味噌、ご飯のお供に ゆり支援が販売

会員向け記事
お気に入りに登録

 ゆり支援学校(秋田県由利本荘市水林)の高等部生徒6人が、地元食材にこだわった「いちじく南蛮味噌(みそ)」を開発した。地元産のコメとセットにした商品「ゆりのめぐみのたから★ばこ」として、11日からインターネットで販売する。

 南蛮味噌はトウガラシを使用した「ピリ辛」と「甘口」の2種類で、いずれも100グラム入り。食品加工班が製造した地元産イチジクのジャムが入っており、イチジクの甘みとプチプチとした食感を楽しめる。

 白米と一緒に楽しんでもらう狙いから、コメ600グラムとセットにして販売する。品種の組み合わせにより、価格は2200円と2970円の2種類を用意した。11日からネット通販「BASE(ベイス)」で販売し、用意した100セットが売り切れ次第終了する。別途送料がかかる。

 購入に関する問い合わせはゆり支援学校TEL0184・27・2630

秋田の最新ニュース