道の駅かづので「鹿魂祭」 伝統芸能、一堂に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鹿魂祭で披露された「毛馬内の盆踊」
鹿魂祭で披露された「毛馬内の盆踊」

秋田県鹿角市の伝統芸能を集めた観光イベント「鹿魂祭(ろっこんさい)」が13日、道の駅かづの・あんとらあで始まった。文化遺産などを観光資源として活用するヘリテージツーリズムの一環で初開催。多くの人でにぎわった。きょう14日まで。

 披露されたのは国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産の「花輪ばやし」、国指定重要無形民俗文化財「毛馬内の盆踊」、県指定無形民俗文化財「花輪の町踊り」「大森親山獅子大権現舞」「大湯大太鼓」、市指定無形民俗文化財「からめ節金山踊り」。

 14日のステージイベントは午前10時~午後3時。演目は「花輪の町踊り」に代わって「湯瀬神明社先祓舞(さきばらいまい)」が披露される。他は13日と同じ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 663 文字 / 残り 355 文字)