羽後町出身の福山光晴さん、人気ゲームの音楽を制作

会員向け記事
お気に入りに登録

福山光晴さん

 ゲーム大手のセガ(東京都品川区)でサウンドクリエーターを務める福山光晴さん(47)=写真=は秋田県羽後町出身。ゲームの世界観に合わせた音楽を作り上げ、プレーヤーを楽しませるのが仕事だ。

 ゲームは作品ごとに曲調が異なる。制作に携わったアクションアドベンチャー「龍(りゅう)が如(ごと)く5 夢、叶えし者」は激しいロックが中心。東京五輪公式スポーツゲーム「マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック」は、スピードや躍動感があふれる。オンラインのロールプレイング「PSO2 ニュージェネシス」は、近未来感が漂う曲となっている。

 ゲームの動きと一体感が生まれるように曲を組み合わせ、「ゲームをする人を一層楽しませられるように工夫している」。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 915 文字 / 残り 595 文字)

秋田の最新ニュース