終了間際に同点トライも… ミス連発、秋田NB悔しさにじむ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田NB―富士フイルムBI】前半3分、秋田NBがモールを押し込みナンバー8高原政弥(下)が先制トライ=秋田市のあきぎんスタジアム
【秋田NB―富士フイルムBI】前半3分、秋田NBがモールを押し込みナンバー8高原政弥(下)が先制トライ=秋田市のあきぎんスタジアム

 試合終了間際にトライを返し、土壇場で引き分けに持ち込んだ秋田ノーザンブレッツ(NB)。勝ち点2を手にしたが、選手の表情には悔しさがにじんだ。

秋田NB、富士フイルムBIと引き分け ホーム最終戦

 セタレキ・タワケヘッドコーチ(HC)が「この反則の多さで勝つのは難しい」と話すように、計15回の反則に加えハンドリングミスも目立った。シンビン(一時退場)で14人で戦う時間帯が2度もあった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 602 文字 / 残り 410 文字)