「無印は引き算の商品」 良品計画・金井会長、美郷町で講演

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
講演する良品計画の金井会長
講演する良品計画の金井会長

 生活雑貨ブランド「無印良品」を展開する良品計画(東京)の金井政明会長が秋田県美郷町公民館で講演し、「利益と公益性を両立させる事業モデルに、多くの会社が変わらないといけない」と述べた。

 演題は「感じ良い暮らしと社会―公益人本主義経営への挑戦」。シンプルなデザインの無印良品について「消費社会への違和感から発想された。一般的な商品は付加価値を足していくが、無印は引き算の商品」と説明した。

 「簡素で丁寧で、美しく調和が取れた暮らしを『感じ良い暮らし』と呼んでいる。『これがいい』ではなく、自制的な満足感を提供したい。我慢や諦めではなく、自信を持って『これでいい』と言ってもらえる商品を作ることが私たちの理想だ」と話した。

秋田の最新ニュース