横手のかまくら、観光客迎え開催へ コロナ感染状況見て判断

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
来年のかまくらに観光客を迎え入れると決めた雪まつり委員会
来年のかまくらに観光客を迎え入れると決めた雪まつり委員会

 秋田県横手市観光協会(打川敦会長)の雪まつり委員会は18日、来年2月の小正月行事「かまくら」について、観光客を迎え入れて開催することを正式に決めた。新型コロナウイルスの感染が落ち着いたことなどから判断。感染対策のため、地元の子どもによるかまくらの中でのもてなしは行わない。

 この日の委員会は、冒頭を除き非公開で行った。打川会長によると、県が独自に設定した新型コロナの警戒レベルが2に引き下げられたことなどを踏まえ、2年ぶりとなる観光客向けの開催を決めた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース