夢の舞台「ゆきはら」を歩く 阿部雅龍さん、南極冒険スタート

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 人類未踏の「白瀬ルート」で南極点到達を目指す冒険家阿部雅龍さん(38)=秋田市生まれ、潟上市育ち、東京都住=が19日、単独徒歩による冒険のスタート地点である南極大陸沿岸部「大和雪原(やまとゆきはら)」を出発した。1月中旬の南極点到達を目指し、歩みを進める。

 阿部さんは18日、小型飛行機で出発地点の大和雪原に到着していた。19日の歩行距離は8・5キロだった。

 最新の報告では「雪が金剛石のように煌(きら)めき美しい。夢に見続けた場所にいま立っている」と大和雪原到着時の思いをつづり、「ここから誰もが跋渉(ばっしょう)したことない“ゆきはら”を歩く」と意気込みを記している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 615 文字 / 残り 328 文字)

秋田の最新ニュース