新あきたよもやま:秋田美人誕生(6)~最初の「ミス秋田」

有料会員向け記事
お気に入りに登録

川反最盛期


川反の全盛期について田口松圃は「大正はじめから12年ころまで」と述べている。(※1)「軒に芸者の名前を書いた軒灯が並び、三味線の音がゆるやかに流れてくる中を日本髪に和服姿のあでやかな芸者たちが行きかった時代」(※2)である。

大正8年(1919)12月10日の秋田魁新報には『二倍になった川端(川反)芸者家、大小合わせて百四十一名』と題した記事が掲載されている。この年は「儲けさるものは商人の資格なしというような素晴らしき好況」であり、「米騰成金を主とし前期の商家労働者どもが料理屋入りが頻々(ひんひん)となりしより、川端芸者の売れ行きも繁盛」していた。明治43年には13軒だった芸者置屋は大正5年には27軒、そしてこの年(大正8年)には35軒にまで増えた。当時の芸者は97名、舞妓は47名の合計141名であったという。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 3455 文字 / 残り 3091 文字)

秋田の最新ニュース