教育2021:不登校(中)まずは家から一歩外へ 適応指導教室、活動さまざま

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 部屋の中央に大きな机が置かれ、子どもたちが勉強や絵画、ボードゲームなどをして過ごす。机の周りには笑い声が飛び交う。

 能代市萩の台のサン・ウッド能代の一室に、市の適応指導教室(教育支援センター)「はまなす広場」はある。

 午前中は主に勉強、午後は読書をしたり近くの公園で運動したりと思い思いに過ごす。現在は14人の児童生徒が在籍し、平日の午前9時から午後3時、自分のペースで通っている。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1874 文字 / 残り 1682 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース