子宮頸がんワクチン勧奨を再開へ 厚労省、来年4月から

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
厚生労働省(中央合同庁舎第5号館)=東京都千代田区
厚生労働省(中央合同庁舎第5号館)=東京都千代田区

 子宮頸がんなどの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐワクチンについて、厚生労働省が来年4月から積極的な接種勧奨を再開する方向で検討していることが25日、分かった。勧奨が再開されれば、自治体は定期接種の対象者に予診票を送ることになる。

 厚労省の専門部会が12日、国内外で有効性や安全性に関するデータが蓄積されてきたことを理由に再開を了承したことを踏まえた。

 今後、接種を進めるに当たり、接種後に症状が出た人の医療・相談体制を強化するほか、最新の科学的知見を踏まえて説明用のリーフレットを改定し、情報提供を充実させる。