中嶋監督「最後まで諦めず頑張る」 オリックス競り勝ち2勝目

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 SMBC日本シリーズ2021は25日、東京ドームで第5戦が行われ、オリックス(パ・リーグ優勝)が6―5でヤクルト(セ・リーグ優勝)を破って連敗を3で止め、対戦成績を2勝3敗とした。日本一まであと1勝のヤクルトが2―5の八回に山田の3点本塁打で追い付いたが、オリックスは九回に代打ジョーンズのソロ本塁打で勝ち越した。日本シリーズは全試合がナイターで行われ、どちらかが4勝した時点で終了する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で日程が1週間遅れ、既にイベントの予定が入っていたオリックスの本拠地京セラドーム大阪が使用できないため、27日からの第6、7戦はほっともっとフィールド神戸で行われる。

ヤ5―6オ(25日) ジョーンズが勝ち越し弾

オリックス・中嶋監督の談話 山本の先発明言

 (ジョーンズは)同点に追い付かれてベンチが沈んでいる中で一発で変えてくれて本当に頼もしい選手だ。追い込まれている状況は変わらないが最後まで諦めないで頑張る。山本由伸でタイに持っていきたい。

ヤクルト・高津監督の談話 投手の踏ん張り利かず

 打つ方はしっかりつなげたと思うが、投手の方で踏ん張りが利かなかった。一つのアウトをもう少し大事にしなくてはいけなかった。(3ランを放った)山田はこれで吹っ切れてくれたら。

同じジャンルのニュース