仙北市長、わらび座への「資金援助考えていない」

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県仙北市の田口知明市長は25日、民事再生手続きの開始決定を受けた株式会社わらび座(仙北市)について、「現状では資金援助は考えていない」と述べた。「行政としてしっかりと見守りながら支援していきたい。わらび座の存在はすごく評価している」とも語った。

 定例記者懇談会で記者の質問に答えた。わらび座への支援の在り方について、「まずは自立した経営改善についての指針を示すべきだ。そこがまだ、わらび座から提示されていない」と指摘。「今までの反省を踏まえて何をどうしていくのか。進むべき方向性を示していただきたい」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 506 文字 / 残り 248 文字)

秋田の最新ニュース