なぜ「監督が怒ってはいけないバレー大会」なのか 益子直美さんに聞く

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
試合に敗れたチームの選手たちを励ます益子さん
試合に敗れたチームの選手たちを励ます益子さん

 「監督が怒ってはいけない秋田県大会」を訪れた益子直美さんと斎藤真由美さんが秋田魁新報社の取材に応じ、大会へ込めた思いなどを語った。主なやりとりは次の通り。

 ―この大会を始めた経緯は。

 益子 現役時代に高圧的な指導で毎日のように怒られた記憶は、引退してからもつらい思い出として残った。この大会を始めるまでずっと言えずにいた。スポーツは本来は楽しくて、人生を豊かにするもの。私はそれができなかった。せめてバレーを選んでくれた子どもたちには好きになって、ずっと続けてほしい―。そんな思いからこの大会を始めた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 622 文字 / 残り 370 文字)

同じジャンルのニュース