ニュースの「つぼ」:選抜甲子園の21世紀枠

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
21世紀枠で甲子園初出場を決めて喜ぶ由利工の選手=2018年1月、由利工グラウンド
21世紀枠で甲子園初出場を決めて喜ぶ由利工の選手=2018年1月、由利工グラウンド

 高校野球は25日に明治神宮大会が幕を閉じ、今年の主要日程を終えた。年明けの1月に注目されるのは、春の選抜大会に出場する32校の選考。秋の地区大会の結果を参考に選ばれる一般選考枠のほか、戦力以外の特色を加味して選出されるのが21世紀枠だ。

 2001年に導入された21世紀枠は、各都道府県の高校野球連盟が、秋季大会8強の中から部員不足や自然災害を克服したチーム、練習法やプレー態度が模範となるようなチームなど特徴的な1校を推薦。9地区それぞれで1校に絞り込まれ、1月の選考委員会で最終決定する。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1010 文字 / 残り 764 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース