2、3番手成長ないと甲子園勝てない 智弁和歌山監督が講演

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今夏の甲子園やプロ時代の経験を踏まえ講演する中谷監督
今夏の甲子園やプロ時代の経験を踏まえ講演する中谷監督

 秋田県高野連(尾形徳昭会長)の2021年度指導者講習会・監督会議が27日、秋田市のアキタパークホテルで行われた。今夏の第103回全国高校野球選手権を制覇した智弁和歌山の中谷仁監督(42)が「高校野球における攻撃と守備~全国優勝の経験から」と題して講演し、県内の監督らが耳を傾けた。

 複数投手の継投で勝ち進んだ今夏の経験から「打たれる、負けるということを分かっていても使わないと選手は育たない。2、3番手が成長しないと甲子園では勝ち上がれない」と強調。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 715 文字 / 残り 489 文字)

同じジャンルのニュース