建築家・白井の足跡紹介 都内で企画展、秋田県関係の資料も

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
白井建築の写真パネルなどが並ぶ展覧会
白井建築の写真パネルなどが並ぶ展覧会

 戦後日本を代表する建築家、白井晟一(せいいち)(1905~83年)が手掛けた東京都渋谷区立松濤(しょうとう)美術館で、開館40周年を記念する展覧会が開かれている。白井の仕事を年代順にたどる内容で、50年代は秋田県で集中的に建築に携わっていたことが分かる。

 京都生まれの白井はドイツで哲学を学んだ後、義兄の画家、近藤浩一路(こういちろ)の自邸を設計したことを機に独学で建築家の道に進んだ。

 白井は湯沢市に知人がいた縁で、建築家となって初期の頃は本県で数々の仕事を請け負った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 712 文字 / 残り 475 文字)

同じジャンルのニュース