15歳ワリエワ、GP2連勝 フリー、合計とも世界最高

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
フィギュアのGPロシア杯最終日、フリーで演技するカミラ・ワリエワ=27日、ソチ(AP=共同)
フィギュアのGPロシア杯最終日、フリーで演技するカミラ・ワリエワ=27日、ソチ(AP=共同)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、ロシア杯最終日は27日、ソチで行われ、女子は15歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が前日に世界最高得点を塗り替えたショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位となり、合計272・71点でGP2連勝を飾った。フリーではサルコー、トーループの2種類の4回転ジャンプを計3度決め、185・29点をマーク。フリーと合計で自身の持つ世界最高得点を更新した。

 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が合計229・23点で2位。SP7位の松生理乃(愛知・中京大中京高)はフリー8位の合計184・36点で8位。(共同)