米、南アなどに渡航中止勧告 オミクロン株の確認受け8カ国

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株の出現を伝える新聞見出しの看板の横に立つ給油所のスタッフ=27日、プレトリア(AP=共同)
南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株の出現を伝える新聞見出しの看板の横に立つ給油所のスタッフ=27日、プレトリア(AP=共同)

 【ワシントン共同】米国務省は27日、南アフリカなどアフリカ南部8カ国への渡航警戒レベルを4段階のうち最も厳しい「渡航中止」(レベル4)に引き上げた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の確認を受けた措置。米政府は26日、8カ国からの渡航を29日から制限すると発表していた。

 8カ国はほかにボツワナやジンバブエなど。米政府高官は27日記者団に、バイデン大統領がオミクロン株の最新状況について専門家から説明を受け、保健当局高官らが各国の担当者と情報交換するなどし、政府として状況を注視していることを明らかにした。