殉職警察官や民間人を追悼 首相、遺族ら40人が参列

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
殉職した警察官らの慰霊祭で追悼の辞を述べる岸田首相=28日午後、東京都千代田区(代表撮影)
殉職した警察官らの慰霊祭で追悼の辞を述べる岸田首相=28日午後、東京都千代田区(代表撮影)

 殉職した警察官や人命救助で命を落とした民間人の慰霊祭が28日、東京都千代田区のホテルで開かれ、岸田文雄首相や警察庁の中村格長官、遺族ら約40人が参列した。岸田首相は「身をもって示された誇り高き精神と確固たる勇気は私たちの誇り。衷心より敬意と感謝の念をささげる」と述べた。

 新たに祭られたのは、5月にバイクでパトロール中に対向車と衝突して死亡した広島県警福山西署地域課の警部補小田悠策さん=当時(24)=ら警察官9人と、6月に兵庫県たつの市の揖保川で溺れた小学生の女児を救助中に亡くなった同市の今井勉さん=当時(73)=ら民間人2人。これで慰霊対象は6255人。