地域に暮らし、地域を診る 東京から五城目へ移住の若手医師

有料会員向け記事
お気に入りに登録

地域医療を志し、五城目町に移住して活動するコミュニティドクターの漆畑さん(右)と妻美恵子さん=同町の馬場目ベース前

 秋田で地域医療に携わろうと、今年の春に東京から五城目町へ移住した若手医師がいる。湖東厚生病院(八郎潟町)の内科医、漆畑宗介さん(33)だ。勤務医の仕事の傍ら、地域の高齢者らが集うサロンや催しに積極的に参加し、日頃の交流を通じて住民の健康づくりや病気の予防を支える。

 漆畑さんは平日、水曜日を除いて湖東病院に勤務。土日の当番勤務も担当する。

 水曜日はサロンなどの地域活動に参加。健康講話を引き受けることもある。地域で活動する時は「コミュニティドクター」の愛称を使う。

 「五城目にはいろんな既存のコミュニティーがある。一町民として輪に加わり、できるだけ同じ目線で一緒に健康づくりを考えたい。医療、保健、介護など各機関との連携も深めたい」と話す。

 静岡県熱海市出身で、秋田大医学部を卒業。秋田暮らしは2度目だ。学生時代に秋田が気に入り、卒業後は「必ず秋田に戻る」と公言。異なる環境で経験を積もうと、都内の病院で研修医になった。

 東京の病院では、近隣の団地から搬送されてくる患者が多く、団地内の孤独死も問題となっていた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1557 文字 / 残り 1100 文字)

秋田の最新ニュース