「新校舎ありがとう」光ともる 五城目小でイルミネーション

会員向け記事
お気に入りに登録

 夜の秋田県五城目小学校舎を彩るイルミネーションが20日、始まった。旧校舎時代から毎冬、有志が行っており、今年1月に引っ越した現校舎では初めて実施。校舎西のグラウンド側の外壁に発光ダイオード(LED)で形作った「新校舎ありがとう」の光の文字がともった。

 初日はグラウンドで点灯式を行い、多くの児童や保護者らが集まった。イルミネーションのデザインを考案した児童5人が代表してスイッチを押し、イルミネーションが点灯。来場者から歓声と拍手が湧き起こった。続いて、花火が打ち上げられた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 391 文字 / 残り 152 文字)

同じジャンルのニュース