「Genkiプロジェクト」を総括 都内でフォーラム

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東北の活性化について考えたパネルディスカッション=東京都港区
東北の活性化について考えたパネルディスカッション=東京都港区

 秋田魁新報社などで組織する東北七新聞社協議会主催の「とうほく未来Genki(げんき)プロジェクト」の総括フォーラムが28日、「つながる 東北」をテーマに東京都内で開かれた。講演やパネルディスカッションを通じ、東北を活性化して明るい未来につなげるための方策を探った。

 同協議会は設立以来27年にわたり、県境を越えた連携、人材育成を促し、東北を活性化しようと活動。本年度から6年間は新たに「とうほく未来Genkiプロジェクト」と題し、東北の元気な未来を創造することを目指す。フォーラムはオンライン配信した。

 講演した滝沢正宏NTT東日本執行役員宮城事業部長は「東北はデジタルトランスフォーメーション(DX)が遅れており、原因はIT人材不足と従来慣習の継続だ」と指摘。一方で「デジタル化によるビジネス拡大、活性化に向け能力は高い。DX進展は好機で前向きに挑戦してほしい」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 887 文字 / 残り 499 文字)

同じジャンルのニュース