新変異株対応、国と都が連携 危機管理で首相と都知事会談

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京都の小池百合子知事(左)から「今後の新型コロナウイルス感染症対策に関する要望書」を受け取る岸田首相=29日午後、首相官邸
東京都の小池百合子知事(左)から「今後の新型コロナウイルス感染症対策に関する要望書」を受け取る岸田首相=29日午後、首相官邸

 東京都の小池百合子知事は29日午後、岸田文雄首相と官邸で会談し、水際対策の強化やワクチン接種の安定的な実施、経口治療薬の確保や供給体制の構築などを要請した。各国で感染確認が相次ぐ新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への危機管理に関しては、国と都で連携していく方針を確認した。

 小池氏はオミクロン株の流入阻止に向け「迅速かつ有効な水際対策をぜひ取っていただきたい」と要望。昨年末から今年初めにかけてのような感染者急増を繰り返さないよう対応を求めた。

 小池氏は会談後「水際対策に尽きる。首相の認識も、しっかりやっていくということだった」と説明した。

同じジャンルのニュース