札幌、30年冬季五輪計画を修正 経費2割減、3千億円以下

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
札幌市役所で記者会見する秋元克広市長=29日午後
札幌市役所で記者会見する秋元克広市長=29日午後

 2030年冬季五輪・パラリンピック招致を目指す札幌市は29日、経費を最大で全体の2割強に当たる900億円減らし、総額2800億~3千億円とする開催概要計画の修正案を公表した。東京五輪・パラリンピックの経費増を受け、負担を敬遠する市民感情を考慮した。秋元克広市長は同日夕の記者会見で「修正案でかなり不安を払拭できる」と強調した。

 札幌市は19年に総額3100億円~3700億円と公表していた。うち2300億円だった運営費は修正案で2千億~2200億円に、800億~1400億円と幅を持たせていた会場改修などの施設整備費は800億円に抑えた。