時間外労働「月80時間超」 自殺の検事、休暇中出勤も

お気に入りに登録

 広島地検公判部の男性検事=当時(29)=が自殺し、遺族が公務災害の認定を地検に申請した問題で、遺族側代理人の橋詰悠佑弁護士は29日、広島市で開いた記者会見で「男性は月平均80時間を超える時間外労働が続いていた」と明らかにした。広島地検は「ご遺族からの申し出を受け、真摯に対応したい」とコメントした。

 当時、広島地検で男性と同僚だった橋詰氏は、地検が開示した男性のパソコン使用記録などを分析し、労働時間を算出。死亡した2019年12月10日までの半年間、時間外労働が100時間を超える月もあった。2週間の夏季休暇中も実際にはほぼ連日出勤していた。