大阪の再審無罪国賠で和解勧告 小6女児焼死、地裁

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見する青木恵子さん=29日午後、大阪市
記者会見する青木恵子さん=29日午後、大阪市

 大阪市で1995年に起きた小6女児焼死火災で再審無罪が確定した母親の青木恵子さん(57)が違法な捜査で逮捕、起訴され約20年間、身柄を不当に拘束されたとして国と大阪府に計約1億4千万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁が29日に和解を勧告したことが分かった。青木さん側が同日、記者会見して明らかにした。

 訴訟は今年9月に結審し、判決の期日が来年3月15日に指定されていた。青木さん側の代理人によると、再審無罪を巡る国家賠償請求訴訟で結審後の和解勧告は極めて異例という。