秋田のバス用ICカードは「アキカ」 Suicaと相互利用

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
一般向けの「アキカ」
一般向けの「アキカ」

 秋田中央交通と秋田市が来春導入する地域連携ICカードの名称が「AkiCA(アキカ)」に決まった。同社が秋田市を中心に運行する路線バスなどで3月下旬から使用できるようにする予定。JR東日本の「Suica(スイカ)」など10種類以上の交通系ICカードと相互利用できる。現金による乗車も引き続き可能。

 現金をチャージしたカードを乗降時に端末にかざすと、運賃が差し引かれる仕組み。利用者の利便性向上に加え、支払いがスムーズになることでバスの定時運行につながると期待されている。秋田中央交通は集めた利用データを生かし、効率的なバス運行を目指す。

 3月下旬から路線バスのほか、秋田空港リムジンバス、市中心市街地循環バス、市マイタウンバスで利用できる。通常のスイカなどもバスで使用できるが、アキカ独自のサービスとしてバス回数券の機能などを今後盛り込む予定。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 618 文字 / 残り 246 文字)

同じジャンルのニュース