本県の高齢化率、3回連続で全国最高 20年国勢調査確定値

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 総務省は30日、2020年国勢調査の確定値を発表した。20年10月1日現在の秋田県の人口に占める65歳以上の高齢者の割合(高齢化率)は前回比3・7ポイント増の37・5%で、10年と15年調査に続き3回連続で全国最高だった。一方、15歳未満の年少人口の割合は9・7%で全国最低。少子高齢化がさらに進んだことが鮮明となった。

 県人口は前回比6・2%減の95万9502人。減少率は5回連続で全国最大だった。国勢調査で県人口が100万人を割るのは1930年以来、90年ぶり。

 高齢者は前回比4・2%増の35万9687人。高齢化率は過去最高だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 582 文字 / 残り 312 文字)

同じジャンルのニュース