土方ゆかりの舞踏家ら捉えた写真展 市文化創造館で6日まで

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
土方ゆかりの120点が並ぶ写真展
土方ゆかりの120点が並ぶ写真展

 秋田市出身の舞踏家土方巽(ひじかた・たつみ、1928~86年)にゆかりのある県内外の舞踏家、舞踊家らが土方の故郷を舞台に踊る姿を捉えた写真展「舞踏のある街」が秋田市文化創造館で開かれている。6日まで。

 NPO法人土方巽記念秋田舞踏会の主催。土方の直弟子や関係の深い舞踏家らが2017年に秋田市で舞踏を披露した時の様子や、同市で19年と今年開催された「アジアトライAKITA千秋芸術祭」を収めた写真など約120点を展示している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 625 文字 / 残り 411 文字)

秋田の最新ニュース