県内18、19歳の小選挙区投票率44% 17年より微増

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県選挙管理委員会は30日、衆院選(10月31日投開票)の県内小選挙区を抽出調査した結果、18、19歳の投票率が44・38%だったと発表した。前回2017年の衆院選(43・72%)をわずかに上回った。一方で抽出調査の全年代投票率(60・39%)と比べると18、19歳の投票率は15ポイント余り低かった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 585 文字 / 残り 432 文字)

同じジャンルのニュース