燃料タンク、住宅20メートル 道路柵直撃、青森県知事抗議へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
米軍三沢基地所属のF16戦闘機から投棄された燃料タンク=1日午前8時21分、青森県深浦町
米軍三沢基地所属のF16戦闘機から投棄された燃料タンク=1日午前8時21分、青森県深浦町

 青森県で米軍機が燃料タンク2個を投棄した問題で、金属製物体が同県深浦町の住宅地から約20~30メートルしか離れていないところで見つかり、タンクの1個と確認されたことが1日、防衛省などへの取材で分かった。国道脇の柵が直撃を受け一部が壊れた。米軍は「(青森県の)岩木山近くの非居住地域に投棄した」と発表しているが、道路上では燃料も見つかっており、付近住民からは不安の声が上がっている。

 三村申吾知事は1日、県庁で記者団に「大変遺憾。米軍と防衛省に対して厳重に抗議したい」と語った。日本政府は米側に遺憾の意を伝えた。