秋田市は屋根一面「雪化粧」 2日の県内、暴風雪に注意

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市内では雪が降り、屋根一面を白く覆った=2日午前7時25分ごろ、秋田市山王
秋田市内では雪が降り、屋根一面を白く覆った=2日午前7時25分ごろ、秋田市山王

 秋田県内は2日、強い冬型の気圧配置となり、沿岸では雪を伴った西よりの風が強く、海上は大しけとなっている。秋田地方気象台は暴風雪や高波に警戒するよう呼び掛けている。

 気象台によると、2日午前5時までの各地の最大瞬間風速は八峰町八森29・9メートル、秋田市29・2メートル、にかほ市27・9メートルなど。

 県総合防災課によると、2日午前6時半現在、秋田市で住宅や空き家の屋根が剥がれる被害が複数確認されている。けが人はいない。

 このほか、JR羽越線の吹浦―新屋間や、五能線の能代―五所川原間で運転を見合わせるなど交通機関にも影響が出ている。