故中村吉右衛門さん「オーラ漂い紳士的」 小坂・康楽館で5回公演

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「番町皿屋敷」で青山播磨役を熱演する中村吉右衛門さん=2013年7月、小坂町の康楽館
「番町皿屋敷」で青山播磨役を熱演する中村吉右衛門さん=2013年7月、小坂町の康楽館

 11月28日に77歳で死去した歌舞伎俳優で人間国宝の中村吉右衛門さんは、小坂町の芝居小屋・康楽館での「歌舞伎大芝居」に出演し、県内外のファンを魅了した。県内関係者からも、歌舞伎界のトップ俳優の訃報を惜しむ声が聞かれた。

歌舞伎の中村吉右衛門さんが死去 人間国宝、「鬼平犯科帳」も人気

 康楽館の歌舞伎大芝居は、1987年から続く恒例公演。吉右衛門さんは97~2017年に計5回出演した。康楽館には、初公演時の直筆サイン色紙が保管されている。

 元館長の高橋竹見さん(67)=小坂まちづくり会社相談役=は、13、17年の公演時に吉右衛門さんの出迎えや見送りに立ち会った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 646 文字 / 残り 364 文字)

秋田の最新ニュース