秋田杉シャンパンクーラー最高賞! 全国伝統的工芸品公募展

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
全国公募展で最高賞を受賞したシャンパンクーラーと柴田さん
全国公募展で最高賞を受賞したシャンパンクーラーと柴田さん

 大館市の曲げわっぱ職人で伝統工芸士の柴田昌正さん(48)=柴田慶信商店社長=が製作した「天然秋田杉シャンパンクーラー」が、本年度の第46回全国伝統的工芸品公募展で最高賞を受賞した。柴田さんは「思いがけない賞で、本当にありがたい」と喜んでいる。

 シャンパンクーラーは、樹齢200年以上の秋田杉材を使った円筒形の作品で、直径30センチ、24センチ、18センチ、高さいずれも22センチの大中小三つ。白木のまま加工したシンプルなデザインながら、筒状のつなぎ目に山桜の皮をうろこ状にとめる技法を用い、意匠性を高めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 571 文字 / 残り 317 文字)

同じジャンルのニュース