ナガマツら全日本バド欠場へ オミクロン株拡大、対策強化で

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 日本バドミントン協会は2日、世界選手権(12~19日・ウエルバ=スペイン)に臨む日本代表選手が25日に開幕する全日本総合選手権(東京都調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)に出場しないと発表した。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」拡大を受けた政府の水際対策強化で特別処置を受けることが難しくなり、帰国後の待機期間が長くなったため。

 世界選手権にはともに3連覇が懸かる男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)や女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)らが出場予定。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 366 文字 / 残り 124 文字)

秋田の最新ニュース