時代を語る・関登美子(31)地域の温かさに感謝

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
夫や3人の子どもに囲まれ、にぎやかだった頃=昭和60年6月
夫や3人の子どもに囲まれ、にぎやかだった頃=昭和60年6月

 昭和56(1981)年秋、夫の拾志(ひろし)と実家で暮らし始めました。翌年には次男、4年後には長女も生まれ、結果として3人の子どもに恵まれた。

 夫は安定した都内での運送業の仕事を辞め、秋田で農業を始めたんです。後で聞いたんですけど、周囲からは相当反対されたそうです。でも彼なりに田舎暮らしへの憧れがあったみたい。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 735 文字 / 残り 578 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース